子供の歯並びを綺麗に治そう|矯正歯科で行える床矯正

金属を使わない矯正

歯医者

多くの人が歯に何らかの悩みを抱えており、その治療のために通いやすい場所の歯科へ足を運ぶでしょう。そのため大阪や大きな街には必ずといっていいほど多くの歯科が存在しているのです。金属アレルギーだけど歯の並びを改善したいと考えている人は少なくありません。歯の並びが歪んでいるとかみ合わせが悪くなりいろいろな問題に発展してしまうからです。例えば、歯が凸凹しているとその隙間に食べカスが溜まりやすくなるでしょう。しかも奥まで歯ブラシが届きにくくなってしまい、虫歯のリスクが人より高くなってしまうのです。そんな歯の歪みを治すときによく用いられているのがブラケットという金属の装置やワイヤーを使う方法です。しかし、金属アレルギーの場合にはこの方法を使うことができないでしょう。そこで、大阪にある一部の歯科ではそんな人のためにマウスピースを用いて矯正を行なっているのです。

大阪の一部の歯科ではインビザライン・システムというマウスピース矯正で治療をすることができます。このインビザライン・システムというのは、普通のマウスピース矯正とどこが違うのでしょうか。普通の方法の場合は定期的に大阪の歯科へ足を運んで、取り付けるマウスピースの交換が必要になります。数週間ごとに歯型を取って新しいマウスピースに付け替えるのです。歯型を取るときには大きな口を開けて専用の素材を歯に押し当てる必要があります。この作業は治療中の大きな負担になる場合があるのです。しかし、大阪の歯科で行なわれているインビザライン・システムなら何度も型取りを行なう必要はありません。最初取った歯型を元にコンピューターでシミュレーションを行ない、新しいマウスピースを一気に作ることができるからです。治療中の負担を軽くしたいという人はインビザライン・システムを取り入れている歯科を探しましょう。